あけましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

今年の元旦から、エイプリルズというバンドに映像担当として正式加入いたしました。

これからは、
映像作家→「名嘉真法久」
エイプリルズ→「ナカマノリヒサ」
として諸処映像製作に邁進してまいります。

どうぞよろしく!

■エイプリルズとは・・・(エイプリルズウェブサイトより)

スペーシーなバンドサウンドにピコピコな電子音を組み合わせ、キャッチーなメロディーを歌う男女ツインボーカルバンド。
1990年代後半に筑波大学の音楽サークルにてイマイを中心に前身バンドを結成後、幾度かのメンバーチェンジを繰り返し今に至る。
現在のエイプリルズメンバーはイマイケンタロウ、イグチミホ、ショトクジユウキ、ナカマノリヒサの4人。
またライブメンバーとして、Plus-tech Squeeze Boxのワキヤタケシ、ソランジュ エ デルフィーヌのハセヤスヒロをはじめ、その他多くのゲストアーティストを迎え独自の世界観を作り上げる。
映像とバンドパフォーマンスを組み合わせたライブは日本にとどまらず、2004年6月にはアメリカツアー、2005年~2007年には三年連続で台湾最大の音楽フェス「FORMOZ FESTIVAL」に出演して大トリを飾る。
これまでに3枚のオリジナルアルバムをリリースしたほか、ニンテンドーのゲームソフト「GIFTPIA」の挿入歌&テレビCM曲や、「開運!なん
でも鑑定団」テーマ曲、NTTドコモやNHK教育テレビへの楽曲提供などを手がけ、またYMCKなどをはじめとした新進気鋭のアーティストとのコラボレー
ションも積極的に行っている。

Bookmark the permalink.

コメントを残す